心配事

翔(我が家のネコ10歳)が特発性膀胱炎にかかってしまいました。

b0132258_16152111.jpg

南窓のそばに
翔の居場所をつくりました。
とても気に入っている様子。
もっと早くにこの場所を
つくってあげるべきだった。






先週の水曜日の朝、翔が、いつもと違う動きをしていました。

トイレ以外の場所に粗相をするので、なにかと思い見てみると、尿に血が
混じっていました。

これは大変!と思い、いつも診てもらっている猫専門病院に電話をかけると
ちょうど休診日。原因が何かわからないうちは不安なので、いろいろ調べ、
それほど遠くない動物病院へタクシーで行きました(ケータンはおんぶで)。

土日は混んでいるらしい動物病院(待合所がガラス張りで、ドライブ途中で見
かける際にはいつも混んでいる印象のところ)ですが、平日は空いていて
ほっと一安心。
さっそく触診を受けてもらいましたが、翔のお腹がメタボのせいかよくわか
らず(先生にふくよかですねと言われる始末)、結局レントゲンをとられました。

腎臓のほうに原因があるのではという診断が出ました(うすい影だったので
はっきりとした病名が出ず)。
止血剤の注射と薬でいったんは翔の血尿は止まりました。

土曜日の朝、またそわそわと落ち着かない翔。前回同様いろんなところで
粗相を繰り返します。そこで今度はかかりつけの猫専門病院へ翔を連れて
いきました。
血や尿も調べてもらった結果、”膀胱炎”との診断が出ました。
ちなみに翔の場合は年を取っているので、突発性の中でも細菌性膀胱炎の
確立が高いとのこと。
こちらでは止血剤の飲み薬と細菌を殺すための抗生剤(粉薬)が渡され
ました。


猫の10歳は、人間にしてみればシニア。膀胱炎になりやすいというのは
知っていても、いざそうなると、こちらもオロオロしてしまいます;;
(いままで何ともなかっただけに)
トイレ環境、水分不足やストレスなども起因しているのでこちらもなんとか
しなければなりません。

ケータンのことに今までかかりきりだったので、(物理的にも)翔の世話に
かける時間がだいぶ減っていたことは事実。

飼い主として反省点だらけです。

b0132258_16372024.jpg

届かないよ~。
”それでいいんです ”(*v.v)


b0132258_16372764.jpg

なんか出てる。


b0132258_16373314.jpg

ケータンの愛がつよすぎるのか?


b0132258_16374213.jpg

翔にとってケータンはちびっこストーカー
(*vωv)


b0132258_16374832.jpg



一度膀胱炎になると、直りにくいと聞きます。

とにかく、長期戦と考えてこちらもどっしり構えなければ。
[PR]
by catopia-ringo | 2010-05-17 16:49 | 翔(=^・^=)
<< 2つの公園と薔薇 日々の積み重ね >>