母から届く物

b0132258_22303226.jpg



亡くなった母がケータンのために少しだけお金を残していたので、迷ったあげく
このお金でベネッセのこどもチャレンジを始めてあげることにしました。

これでケータンにはこれから毎月、天国のおばあちゃんからプレゼントが届くよう
なります*:..。o○☆






この前さっそく第一弾が届いたので開けてみると、案の定「しまじろう」が
いました!
b0132258_2235133.jpg


むぎゅ~っ

b0132258_22352114.jpg

でもわたし、少しだけ見せて「しまじろう」をこの後すぐに箱にしまいました。
なぜかって?
ケータンはすぐに飽きてしまうから。
いざって時に、例えば彼の機嫌の悪いときやごねる時などに「しまじろう」に
登場してもらうのです。
お助けしまじろうには今後多いに活躍の場面があるでしょう。。

b0132258_2243883.jpg

まるさんかくしかくっ


b0132258_2243142.jpg

もちろんこちらの「しまじろう=^-^= 」も負けてはいません。

この前、わが家でちょっとした事件がありました。

翔がケータンの腕をおもいっきり噛んでしまったんです。
もうわたしはパニック寸前でした。

ケータンをサークルから出して遊ばせていたら、本を夢中になってちらかして
いたので、あ~大丈夫だと思い一瞬彼から目を離してしまいました。

翔は遊んでいるケータンの真後ろでぐっすり眠っていました。

次にわたしが気づいた時はもう遅く、ケータンの手のひらに翔の毛がびっしり
と張り付いた後でした。もちろん翔は寝込みを襲われたため、本能で飛びつい
てしまったのです。

完全にわたしの不注意です。母親失格だわ~↓とその日は相当落ち込みました。

噛まれた後というのは見た目にはひどかったのですが、
幸い傷からの出血は(血管に達していなかったので)少なくすみ、その日は
応急処置をし、念のために次の日小児科で傷を見てもらいました。

事件から1週間経ちましたが、ベビーの傷の回復力の早いこと!!
わたしはケータンの傷も残るかも(自分は以前噛まれて残ってしまったから)
と内心思いましたが、化膿することもなく、どうやら杞憂で終わりそう。。


「ねこひっかき病」ってあるんですね。

先生に、引っかかれたの?と聞かれたので「いえ、噛まれたんです。」と
(ドラマ「曲げられない女」の荻原ではありませんが正確に言っておきたい
ので)
訂正したところ、そのまま「ねこひっかき病」の話を聞かされました。
まあ、でも同じことなのか。
先生は病院のホームページにも愛犬を載せるほどの犬好きの方で、普段
はとてもおっとりした物腰なのですが、このときばかりは猫に怒り心頭の
ご様子で感情をあらわにしていました。一瞬わたしが表情を曇らせたので
慌てて「家で飼ってるの?」「あっ、そうか。猫が先にいたんだよね・・」
と付け加えていましたが。

そう、ニャンコに罪はないのです。

b0132258_23252979.gif


ぜんぜん関係ないけど、会社のロゴマークが単色だと
b0132258_22432498.jpg


なぜか「うめエ」に見える。。。この点ではめずらしくスーさんと同意見。
お腹が空いているときに見るとなおさら^^
b0132258_22433140.jpg

[PR]
by catopia-ringo | 2010-03-14 23:18 | 日常
<< 離乳食 あ~ >>